pr BL小説

密約のディール

BLマンガ作品DATA

著者
英田サキ 先生
挿画
円陣闇丸 先生
出版社
リンクスロマンス 幻冬舎コミックス
発行
2015/5/29
おすすめ
推奨媒体
紙の本・電子版
あらすじ
紹介PR
【イラスト付き】病床にある祖父のたっての願いで、祖父の会社を引き継いだ水城。辛い幼少時代を過ごした水城にとって、祖父の存在は唯一かけがえのないものだった。そんな折、高校の同窓会に参加した水城はかつての親友・鴻上と再会する。卒業間際の夜、自分に乱暴をしたことから二度と会いたくないと思っていた男だ。しかしその後、水城の会社に買収話が持ち上がり、買収されたくないなら、俺の愛人になれと鴻上に持ちかけられる。水城は会社を守るため、そしてもう先の長くない祖父のために、その屈辱的な要求を受け入れるが…。

密約のディール 【イラスト付き】 英田サキ 電子試し読み・購入

密約のディール 【イラスト付き】英田サキ 電子版

紙の本

密約のディールの感想

一見したところはセレブの2人ですが、いろいろと裏がある企業買収も絡んだお話でした。
特筆すべきは、アレ描写が多めで小躍りしちゃいます。ストーリーも秀逸でエンターテイメント性が高く、最後にはそうきたか、とスッキリする読後感もうれしく大満足のBL小説です。
円陣闇丸先生のイラストがぴったりで…うっとり。未読の方は、ぜひに!

  • 同級生:鴻上拓真、32歳、外資系ファンド × 水城冬樹、32歳、東栄電工社長
  • ストーリーもえちも両方楽しめます!(特に愛○がすごい)大満足のBL小説!
  • 企業買収に関する知識も得られ、一挙両得。TOBとか。
  • 複雑な家庭環境の受けと、施設出身の攻め。絶対好きになるやつですよw
  • 全寮制の高校って、やはりいろんな理由があるんですね。
  • 円陣闇丸先生のイラストがぴったりで…うっとり。

「密約のディール」のネタバレ感想

ネタバレ感想はありません。冬樹はたぶん相当美人のようですが、無自覚で、秘書の新田さんもよかったです。エリートセレブものはあまり共感できないアタシですが、これは全然OKでした。あと「ハゲタカ」なんかが好きな方にもいいかもしれません。

Related Postこちらの記事も読まれています