pr BL小説

牛泥棒

BLマンガ作品DATA

著者
木原音瀬 先生
イラスト
依田沙江美 先生
出版社
のはらの星 Ripika novel
発行
初版(紙):2007年7月
電子:2023年5月21日
おすすめ
推奨媒体
紙の本・電子版
あらすじ
植物学を大学で研究している佐竹亮一郎は、年上の口のきけない使用人・徳馬に密かに心を寄せていた。
徳馬は幼い頃に母をなくした亮一郎にとって、親鳥のようにそっと見守ってくれていた大事な存在だった。想いを告げて徳馬に嫌われるよりは、このままずっと側にいてほしい。
だが身分違いもあり想いを告げずにいたある日、突然、徳馬が暇を願い出る。亮一郎は裏切られた思いで徳馬に激怒する。しかしそんな不穏なふたりのもとに、田舎から急ぎの電報が届いて……。

植物を研究していれば幸せなわがまま坊ちゃんと、
見えない存在・精霊や妖怪が視える健気な使用人の徳馬、
彼が使役する小鬼や妖怪の息づく時代ものファンタジーBL小説。

小冊子に掲載された【白藤】も収録!

牛泥棒 木原音瀬 電子試し読み・購入

牛泥棒 木原音瀬 電子版

牛泥棒の感想

木原先生の時代もの、ファンタジーBL小説。 植物学をしている亮一郎と、使用人・徳馬の物語。 痛すぎる木原作品ではない、甘いほうの木原作品で、ファンタジー要素と、和服要素とオカルト要素も楽しめてお腹いっぱい!!
  • 甘いほうの木原先生作品
  • 2007年作。ファンタジー要素が今読んでも新鮮で楽しいです。オカルト要素も少し。
  • 徳馬がいじらしい、しっとりとしたえろの描き方が神!
  • 小冊子に掲載された【白藤】も収録されているので、なかなか読めなかったけど読める!!

「牛泥棒」のネタバレ感想

ネタバレ感想はありません。

BL Recomend次に読むなら このBL作品

Related Postこちらの記事も読まれています