pr BL小説

BOSSY

BLマンガ作品DATA

著者
N・R・ウォーカー
挿画・翻訳
翻訳:冬斗亜紀 イラスト:松尾マアタ
出版社
モノクロームロマンス文庫 新書館
発行
2023/5/10
おすすめ
推奨媒体
紙の本・電子版
あらすじ
紹介PR
忙しいやり手の不動産営業、マイケルの恋の相手はいつも一夜限り。そんなマイケルの前に、2年間の海外生活を終え、家族のホテル帝国を離れ自分自身のビジネスを始める予定のブライスが現れた。一瞬で気が合い、体の関係をもった二人は、互いの名前の素性も知らないまま、深入りしない気楽な時間を楽しんでいた。だが親密になるにつれ、仕事やプライベートを巻き込む自分達の関係を見つめなおす時がやってくるーー。優しい恋が花開く、N・R・ウォーカー本邦初登場!【商品解説】

BOSSY N・R・ウォーカー 冬斗亜紀 松尾マアタ 電子試し読み・購入

BOSSYの感想

オーストラリアのM/M小説。BLマンガでよくある、○フレからはじまる~の設定です。これは、オーストラリアも日本も一緒なんですね。 世界共通言語なのか…?
リーマン、スーツ、企業、といったお仕事BL的な内容も割と満載で、海外ドラマの「Suits」みたいな雰囲気です。
メインCPのひとりのほうに、ノリが大学生のお友達(ストレート)も登場します。

初見の品定めでファッションチェック、その後も毎度ファッションチェックがあり、楽しかったです。

イラストが話の内容のカットとして雰囲気やキャラもピッタリでした。
オースラリアということで全体の空気がどことなく風通しがいい感じだったのもそのせいかも。
あと、今の日本と違って景気がいい感じです。
前半が特に個人的には楽しい内容、後半はもう少し盛り上がりがあるとなおよかった気がしますが、M/M小説のリアルな感じはやっぱりいいのです。
ぜひ、お読みください。
  • オーストラリアが舞台。海風を感じるストーリー。
  • ネコのようにじゃれ合う二人が楽しい!
  • イケメン同士、毎回ファッションチェックする
  • イラストが各シーンでピッタリでとてもよかった。

「BOSSY」のネタバレ感想

ネタバレ感想はありません。Tシャツやシャツを交換して着るところがよかったです。おおっそういった使い方ー!となんか忘れていたけどいいな、BL版彼シャツ!BL版彼Tシャツ!あとまあオジ好きとしては、ブライスパパが気になりました。スピンオフとかはないと思いますが。
オーストラリアのお国柄か、作者様の問題意識だとは思いますが、いわゆるSDGs(持続可能な開発目標)的な話題が出てきます!
そんな話題が出てくるBLは初めてでしたね。

Related Postこちらの記事も読まれています