pr BL小説

気難しい王子に捧げる寓話

BLマンガ作品DATA

著者
小中大豆 先生
挿画
笠井あゆみ 先生
出版社
キャラ文庫 徳間書店
発行
2022年2月28日
おすすめ
推奨媒体
紙の本・電子版
あらすじ
紹介PR
【電子限定版】書き下ろし番外編「ある家庭教師の決意」収録。●「薔薇の聖痕」を持つ王子は、伝説の英雄王の生まれ変わり──。国中の期待を背負って甘やかされ、すっかり我儘で怠惰な暴君に育ったエセル。王宮内で孤立する彼の唯一の味方は、かつての小姓で、若き子爵のオズワルドだけ。宰相の地位を狙う野心家は、政務の傍ら日参しては甘い言葉を囁いてくれる。そんな睦言にしか耳を貸さないエセルの前に、ある日預言者のような謎めいた老人が現れて!?  ※口絵・イラスト収録あり

気難しい王子に捧げる寓話 小中大豆 笠井あゆみ 電子版

紙の本

気難しい王子に捧げる寓話の感想

おもしろくてすぐに読んでしまう、王国ファンタジーBL
あとがきに長編とありましたが、おもしろくてイッキ読み!すぐに読み終わってしまいました。
最初は、コレが主人公か、大丈夫か、と思っていましたが、読み進めるうちに、どんどん展開していって、やめられません。
中世ヨーロッパ時代風のファンタジー設定で、笠井あゆみ先生のイラストが脳内で想像力を容易に膨らませてくれるので、映像がどんどん流れました。
王子エセルも、オズワルドも読み進めると、どんどん愛着がわきます。
脇役キャラも誰かはネタバレになるので書けませんが、どのキャラもかなり良かったです。
続きとかじゃなくてもいいから、小話とかもっと読みたいなあ~です。
ぜひぜひお読みください。
  • おもしろくてすぐに読んでしまう、王国ファンタジーBL
  • 王子ならではの、抱える問題が盛りだくさん
  • どっちもイケメンです
  • 脇役はかなりよいです、女子も登場!

「気難しい王子に捧げる寓話」のネタバレ感想

ネタバレ感想はありません。オズワルドだよね、オズワルド。

Related Postこちらの記事も読まれています