pr BL小説

アルファの園の、秘密のオメガ

BL小説 作品DATA

著者
Si 先生
イラスト・挿画
松尾マアタ 先生
出版社
ショコラ文庫 心交社
発行
2019/9/10
おすすめ
推奨媒体
紙の本・電子版
あらすじ
紹介PR
オメガの保護区ルーシティ島。オメガの自立を夢見るレスリーは、アルファとの見合いを拒んで強制発情させられ、島に侵入した変わり者の美しいアルファ、ジェラルドと事故のようにつがいになってしまう。レスリーは絶望するが、ジェラルドはレスリーを支配するどころか甘く優しい。このアルファの愛情を利用してやろう……心を決めたレスリーは、ジェラルドの力で、彼の通うパブリックスクールに性別を偽り編入する。だが、そこはアルファとアルファが愛し合う予想外の世界だった……。松尾マアタ先生の口絵・挿絵も収録。

アルファの園の、秘密のオメガ【イラストあり】Si(一滴しぃ)電子試し読み・購入

アルファの園の、秘密のオメガ【イラストあり】Si(一滴しぃ) 電子版

アルファの園の、秘密のオメガの感想

パブリックスクールのオメガバースBL。
架空設定で、オメガの保護区ルーシティ島というところに、オメガは集められて、専門教育を受けるという設定。
そこから逃げ出すオメガのレスリーとアルファのジェラルドが出会うところから始まります。
ジェラルドの通うサザランド校(アルファしかいないパブリックスクール)にレスリーが進学。
アルファしかいないなか、オメガがアルファとして頑張るお話です。 説明するとネタバレになるのであまり書けませんが、ストーリー展開が意外といろいろあって楽しかったです。 メインCPのレスリーとジェラルドもかわいいし、ジェラルドの幼なじみセオドアとサイモンもよかったです。 スピンとか、続編は現時点ではないみたいですけど、スピンオフや二人の今後など展開は様々できそうであったらよみたいです。
  • パブリックスクールBL好きにおすすめ!
  • 松尾マアタ先生のイラストが最適で物語のイメージが的確。素晴らしい。
  • ティディベアエピソードが個人的にキタ。とてもよかった。
  • 軽めでいろいろな要素が入っていて楽しい。続編やスピンが読みたい。

SNS

最新情報は作家様SNSをフォローしましょう。
「2023年6月よりPNをSiから一滴しぃへ改名しました」とのことです。
それ以前の出版物はお名前が「Si」表記なのでご注意を。

「アルファの園の、秘密のオメガ」のネタバレ感想

(ネタバレ最小限で)ティディベアのエピソードと後半のジェラルドのものを収集するシーンがいじらしくかわいくてよかったです。二人のキョリが近くなる過程がよかった。あとセオドアとサイモンは気になりすぎるのでスピンオフとかしてほしいです。

Related Postこちらの記事も読まれています