BARBARITIES

BARBARITIES(バーバリティーズ) 鈴木ツタ 先生の感想・レビューと、試し読み、電子書籍、ネタバレ、おすすめ関連作品などの紹介です。

BLマンガ作品DATA

著者
鈴木ツタ 先生
出版社
ビーボーイコミックスDX リブレ
発行
BARBARITIES I(1)2015年6月10日
BARBARITIES II(2)2017年10月10日
BARBARITIES III(3)2021年3月10日
BARBARITIES IV(4)2022年1月8日
おすすめ
推奨媒体
紙の本・電子版
あらすじ
紹介PR
昔々のどこか遠い異国の話。国の宝である司法卿に届いた脅迫状への対応策として、アダム子爵が警護に任命された。だがこの子爵、老若男女の全てを虜にしてしまうようなとんでもない色男。その色男が司法卿の甥である超堅物のジョエルに本気の恋をしたから大変なことに……!?

真逆な二人のハラハラする恋の駆け引きを中心に、他国の次期国王と従者達の気になる面々も携えて、話題の異国ロマンが遂に登場。

BARBARITIES I 鈴木ツタ 電子試し読み・購入

BARBARITIES II 鈴木ツタ 電子試し読み・購入

BARBARITIES III 鈴木ツタ 電子試し読み・購入

BARBARITIES IV 鈴木ツタ 電子試し読み・購入

BARBARITIES 全4巻完結の感想

1巻: 博愛主義のアダムがジョエルに「初恋」をする。 架空の歴史ものですが、それほど重くなくカジュアルに読める感じで、でもストーリーしっかりで、絵がとてもきれいですし、安心して読めるBLです。 右側の黒髪天パ、髭のジョエルが、暑苦しいな(すいません)と思っていましたが、巻を増すごとになぜか、不思議と好きになっていきます。そして最後にはあーあんてかわいいヤツだと思ってしまいます。鈴木ツタ先生マジックです。 アダムみたいなオープンマインドな人は魅力的です。ただ、ただまぶしいです。

「BARBARITIES」のネタバレ感想

3巻までで一向に二人の関係が進まないというか例のシーンがないので、そういう系のBLじゃないのかと一瞬思ったのですが、4巻までお読みいただくと、大変よろしいかと存じます。個人的に攻め受けどちらも最初はそれほどでもない感じでしたが、マンガ技術が卓越しているので、関係なく読めます!楽しめます! 黒髪好きには、黒髪のバリエーションが3人くらいでてきますので、楽しめますし!ロン毛好きにもたまらないバーバリティーズです。 とっても楽しかったです!