ピンクフィルムプレイ

ピンクフィルムプレイ さとう蜂子 先生の感想・レビューと、試し読み、電子書籍、ネタバレ、おすすめ関連作品などの紹介です。

BLマンガ作品DATA

著者
さとう蜂子 先生
出版社
drap コアマガジン
発行
2022年7月25日
おすすめ
推奨媒体
紙の本・電子版
あらすじ
紹介PR
人気タチ専モデル・新庄タクヤが出演するAVは全てバカ売れ。ところが、そんな新庄が主演の撮影で、共演者のモデルが飛んでしまう。現場をバラす訳にもいかず焦るAV監督・奥村に対して、新庄から相手役にと逆指名されちゃって……!?

ピンクフィルムプレイ さとう蜂子 電子試し読み・購入

ピンクフィルムプレイ の感想

FF様のおすすめで知った、さとう蜂子先生の新刊。おもしろかった!前作よりだいぶ技術が上がった感じを受けました。 ゲイビものだとなぜか攻めが黒髪が多いきがする~!みんな好きなのか?好きなんだろうな。色気が増すのはなぜなんだろ?誰か教えて欲しい。
監督奥村がかわいいのです。
新庄さんはスキがまったくないイケメンです。
監督業の人は、実物は結構性格も見た目もアクの強い人が多いのですが、最近の監督は話がわかる部長みたいな人も多いけれど、奥村が監督っていうのにそこまでリアリティはないのですが、こんなにかわいい監督なら、色々したくなってしまうのもわかる~。
モブが増えて、にぎやかになってきたので、今後も期待大なさとう蜂子先生です。

「ピンクフィルムプレイ」のネタバレ感想

ネタバレ感想はありません。